北海道支部について

市民のためのがん治療の会
北海道支部長 播磨 義国

「北海道支部長 就任あいさつ」

 平成28年3月から北海道支部長を務めさせて頂く事になりました播磨義国と申します。會田代表がよくお話しされますが「永年実績のある支部」ですので、大変責任を感じています。甚だ微力ではありますが、高松顧問や浜下事務局長・スタッフの皆様と協力し合いながら、会員の皆様、ご家族の皆様方のために役立ち、より良い支部運営が出来るよう努力して参ります。何卒宜しくお願い致します。
 私と会の出会いは10年程前です。肺がんの手術をし、不安な日々を過ごしていた時、地元新聞に会の記事を見つけて入会した時からです。そして「がん患者サロンひだまり」に出会いました。
 平成19年9月、西尾院長(現・名誉院長)のご尽力で、北海道がんセンターの一室が解放されて“がん患者サロンひだまり”が発足しました。毎月第三水曜日、13時~15時、月例の患者会で、今年10月現在110回目の例会になりましたが、欠かすことなく、毎月開催し続けております。
 この会の顧問をされています西尾先生は、特別な事情がない限り同席され、がん患者さんやご家族の方からの医療に関しての疑問や不安等について、積極的に分かり易くアドバイスをして頂いています。国内屈指のがん治療専門医に同席頂けるという夢のような患者会です。
 私は深刻な表情で来られた方が明るい顔で帰って行く姿を、この9年間、数多く見て来ました。各地域に色々な患者会が有ります。専門的医療情報、正しいがん知識を得られる患者会は極々限られていいます。悩みや、同じ部位の患者さんとお話をしたい、聞いてもらいたいと言う事で参加される方もいます。しかし、一番求めているのは医療情報です。これから高齢化率の上昇に伴って二人に一人はがんになる時代です。最重要医療情報を知らされず担当医の意のままにがん治療を行ったと言う事をよく耳にします。
 今後、私自身の体験、今まで例会から得た情報、又、他から得られる情報を機会がある度、会員の皆様、ご家族の皆様、そして地域の皆様へ提供して参ります。
 そして、がんと共に生きる人々、ご家族の方々へ希望と力を与え、1人でも多くの方から感謝される活動を促進して行きたいと思います。
(2016年10月20日作成)
月例会の会場 (奥が西尾先生)
 市民のためのがん治療の会は、平成16年に東京で発足しました。 
北海道支部は、平成19年、当会の協力医師の西尾正道先生が院長(現在、北海道がんセンター名誉院長)をしておられる北海道がんセンター内(4階)に、がん患者活動サロン“ひだまり”が発足しました。
この会は、毎月・第三水曜日、午後1時から3時まで、西尾名誉院長の出席のもと、患者さんの心配事や悩みなどをその場で回答して頂けます。
全国的にも例のない「がん治療専門医に同席を頂ける患者会」なのです。今後も月に一回「がん患者活動サロン“ひだまり”での例会」を開催しますので、是非お越しください。予約も不要ですし、参加費も無料です。その他、講演会も年一回開催しています。
高松 顧問(写真:左)
浜下 事務局長(写真:右)
北海道支部は、播磨 義国支部長と高松顧問そして浜下事務局長の3人が会の世話役になっています。
がん患者活動サロン“ひだまり“はどなたでも参加できます。参加費は無料です。
気楽にお立ち寄りください。お待ちしております。

北海道支部連絡先

市民のためのがん治療の会
北海道支部 支部長 播磨 義国(ハリマ ヨシクニ)

〒000-0000
北海道札幌市 
TEL :011-682-5824
FAX :011-682-5824
お問合わせはこちら

市民のためのがん治療の会

代表 會田 昭一郎
〒186-0003
東京都国立市富士見台1-28-1-33-303
FAX :042-572-2564
メールでのお問合わせはこちら

北海道支部の毎月の定例会

日時:毎月・第三水曜日 午後1時~3時まで
場所:北海道がんセンター 患者会活動サロンひだまり
住所:札幌市白石区菊水4条2丁目3-54 管理病棟4階
地下鉄・東西線「菊水駅」下車 3番出口、徒歩3分